ouiLead Demo Video 1

ver 1.0 Beta


オペレータ数を2opから4opに増やし、PitchBend, Volumeのコントロール機能を実装しました。

ピッチベンドは発音から一定時間(今はたしか0.5sec)経過以降にタッチ位置の移動を認識した際、鍵盤の中心からの位置によってベンド量を計算しています。横方向にぐりぐりするとビブラートがかかる感じです。
ボリュームは、白鍵なら下側、黒鍵なら上側の余白(鍵盤の線を引いていない部分)にずらすと小さくなるようにしています。これによって、ver 0.5の演奏では基本的にブチっと音を切るしかできませんが、1.0 Betaでは時々フェードアウトさせる感じに演奏できるようになりました。

これのピッチ計算のバグなどを修正したものを、ver 1.0としてApp Storeでリリースしました。

ver 0.5


鍵盤で音階が弾けるようになった最初のバージョン。まさかこんなオモチャで曲が弾けるとは作った本人も思っていませんでした。
ピッチの計算にバグがあったのを放置していたのでかなり音痴ですwww

広告を非表示にする