VBScriptでDominoに接続

COMインターフェースまたはOLEオートメーション経由でDominoデータベースにアクセスするには、実行環境にNotesが必要です。オブジェクトモデルはどちらも基本的に同じですが、COMの場合はUI関連のオブジェクトが操作できません。
COMを使用してスケジュールを表示するサンプルはこんな感じ。

MsgBox "Start"

Dim session, database, view, document

Set session = CreateObject("Lotus.NotesSession")
Call session.Initialize("password")

Set database = session.GetDatabase("myserver/mydomain", "mail\test1.nsf")
Set view = database.GetView("Calendar")
Set document = view.GetFirstDocument
MsgBox document.NoteID
MsgBox document.GetItemValue("Subject")(0)

MsgBox "End"

myserver/mydomainサーバのtest1ユーザのスケジュールDBを開き、1件目のタイトルを表示します。

session.Initializeで入力するパスワードは、notes.iniで指定されているユーザのパスワードです。

Set session = CreateObject("Lotus.NotesSession")
Call session.Initialize("password")

上記部分を

Set session = CreateObject("Notes.NotesSession")

にすると、OLEオートメーションで呼び出します。(session.Initializeは使用できない)
OLEだと実行中のPCでNotesが起動し、パスワード入力のダイアログが表示されるため、バックグラウンドで処理ができません。

広告を非表示にする